読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHANELのウォレット

www.youtube.com

今年聞いた曲で一番よかったです…!

シャネルのウォレットと4次元ポケットで韻踏んでて、かわいいし、センスあり過ぎかよって思いました。

www.youtube.com

これもすごい好きです。

 

Bild Werk ワークショップ⑤

11/4

f:id:gotouyohei:20161222213053j:plain

ワークショップもあっという間に最終日です。

午前中にちょっとだけ作業して、その後に使った部屋のそうじとかをしました。

早く終わったので、図書コーナーに行きました。

f:id:gotouyohei:20161222213835j:plain

NORDIC GLASS 2000

北欧(ノルウェーデンマークスウェーデンフィンランドエストニアラトビアリトアニアアイスランド)のガラス作家が載ってました。

北欧はガラスメーカーは多いのですが、個人作家はすごく少ないです。

なんとなく知的な作品が多く、色や形にきちんと根拠や思想があるような作品が多かったです。

アイスランドの作家の人の作品が、とても好きな感じだったので、いつかアイスランドに行ってみたいです。

f:id:gotouyohei:20161222214731j:plain

エングレーヴィングのチェコの巨匠・ハルツバさんの作品集。

装丁がシルバーでかっこよかったです。

フラウエナウのガラスミュージアムや本などでヨーロッパのガラス作家も色々見ましたが、エルヴィンさん、ハルツバさん、リベンスキーさんの作品はやっぱりすごいな!って思いました。

f:id:gotouyohei:20161222215323j:plain

まだ、パーティーまで時間があったので近くの教会に行きました。

日本でも海外でもお墓を見るのが結構好きです。

教会でなんかやってたので、中はちらっとしか見れませんでした。

f:id:gotouyohei:20161222221125j:plain

ビルドヴェルクに戻ると、写真撮影を終えた作品が並んでいました。

f:id:gotouyohei:20161222221943j:plain

ワークショップ中の作業風景などが、スライドで動画や写真で流れていて、1週間という短い期間だったけど色々あったな〜としみじみしました。

f:id:gotouyohei:20161222222339j:plain

スピーチの後、パーティーが始まりました。

チェコ人シェフの手作り料理でアットホームな感じのパーティーでした。

きちんとドレスやスーツに着替えてきてる人もいました。

f:id:gotouyohei:20161222222734j:plain

いつもディナーの時にギステルのカウンターでビールをついでくれてた少年がグラスハープやってました。すごいきれいな音だった。服はGAPで買ったのかな?

f:id:gotouyohei:20161222223019j:plain

韓国、日本、ドイツのガラス女子会。楽しそうでした。

韓国でもドイツでも漫画のナルトが超流行ってるみたいな話してました。

f:id:gotouyohei:20161222223321j:plain

最後にマイティチャーのクリシュと写真撮りました。

クリシュは少年みたいな眼をしたピュアな人でした。作品をすごい褒めてくれてうれしかったです。車の運転が荒いけど、エングレーヴィングはすごく丁寧に教えてくれました。パーティーでお酒を飲んだら、小さな声でエロい話とかもしてくれて楽しかったです。

f:id:gotouyohei:20161222223858j:plain

ワークショップはこんな感じでした!

次の日にミュンヘンに戻って、美術館やお城とか色々行ったので、またひまな時にでも観光編を書きたいと思います!

 

 

Bild Werk ワークショップ④

11/3

f:id:gotouyohei:20161201011004j:plain

朝がいつもとてもきれいでした。

f:id:gotouyohei:20161201011336j:plain

ワークショップが始まってから知ったのですが、今回のワークショップのテーマが「Perspective of Graal Glass」だったらしく、グラール玉という装飾したガラス玉を作り、ホットショップで職人さんやブロースタッフにピックアップ&成形してもらう感じでした。

f:id:gotouyohei:20161201011915j:plain

僕は、こんな感じのと、もうひとつ道で拾った落ち葉をモチーフにものをエングレーヴィングで彫りました。

f:id:gotouyohei:20161201012206j:plain

できたグラール玉は窯にいれて、翌日ピックアップしてもらいました。

Eischの職人のおじさま。

f:id:gotouyohei:20161201012758j:plain

彫った絵柄がガラスの動きに合わせて、伸びたり膨らんだりするのを見て、なんか改めて溶けたガラスっておもしろいなぁ〜と思いました。

f:id:gotouyohei:20161201013558j:plain

職人さんはボヘミアンスタイルと言われるドイツ南部やチェコの伝統的な吹きガラスのスタイルで制作していました。ボヘミアンスタイルは、全ての工程を立ったまま作業するのが特徴で、道具とかにも工夫があり、見ていてとてもおもしろかったです。

日本の工場吹きと似ていて、1個仕上げるスピードがベンチに座らない分、早かったです。型吹きでの量産に対応する為に、合理的に考えられた感じのスタイルでした。

f:id:gotouyohei:20161201014925j:plain

今回のブロースタッフのトールステン↑は、ドイツ以外に様々な国で吹きガラスをしているので、色んな国のブロースタイルをミックスした感じでした。

僕も、久しぶりにちょっとだけアシストしたりしました。

f:id:gotouyohei:20161201015219j:plain

広瀬氏は自らピックアップしてました。

f:id:gotouyohei:20161201014843j:plain

かっこよかった!

f:id:gotouyohei:20161202211922j:plain

f:id:gotouyohei:20161202212003j:plain

除冷が終わったガラスはこの機械で歪みがないかチェックします。

ドイツは色んなとこで、こういう品質管理の工夫がありました。

f:id:gotouyohei:20161202211701j:plain

最後はコールドワーク。

f:id:gotouyohei:20161202212549j:plain

f:id:gotouyohei:20161202212628j:plain

f:id:gotouyohei:20161202212701j:plain

平盤→砂ずり→パミス→セリウムという流れで、学生時代にチェコ人の先生に習ったコールドワークのやり方とほとんど同じでした。

f:id:gotouyohei:20161202211543j:plain

毎日があっという間に過ぎていきました。